筋肉痛が遅く出るのは歳のせい?

久々に運動したり、いつもと違う運動をしたりするとなる筋肉痛。

その場では痛くならずに次の日以降に痛くなるのが特徴的です。

歳をとったから筋肉痛が遅れて出てくるなんて声をよく聞きます。

即発性と遅発性

筋肉痛には大きく2種類、即発性筋痛と遅発性筋痛があります。

即発性筋痛は運動中から運動直後に起こるもので、筋肉に強い負荷がかかり過度の緊張状態が続く事で起こります。血流が悪くなり筋肉の代謝物質が溜まり、痛みを発生させます。

遅発性筋痛は運動後数時間から数日後に起こる痛みで、一般的な筋肉痛はこちらの事を指します。

下り坂を駆け降りる、重い荷物を下ろすなど、筋肉が伸ばされた状態で力を入れる伸張性運動(エキセントリック)により起こります。

筋肉痛のメカニズムは難しい?

歳をとると筋肉痛が遅く出てくるというのは、実は医学的根拠はありません。

運動をする習慣が無い人の方が筋繊維の修復や、痛みの物質を取り除くのに時間がかかるためその様に言われるそうです。

また、昔は乳酸が溜まるから筋肉痛が起こるとされていましたが、近年ではそれも認識がかわり、筋繊維の損傷と炎症のせいという説が有力になっています。

筋肉痛予防

筋肉痛を予防するには、日々の運動が第一。

他には栄養をしっかりとる、血流をよくするなど。

当院のゲルマニウム温浴や、超音波治療も効果的なので、お困りの際は一度ご相談ください。

LINEでのご相談も承っております。お気軽にご相談ください

友だち追加
Prev:痛い時にマッサージをしてはダメ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です